トップページへ 出演者・出演団体のご案内 タイムテーブル(公開レッスン、ステー ジ演奏、ステージ外演奏など)のご案内 協賛企業・ブース案内、グッズ販売紹介ページ 募集ページ チケット販売案内 パルテノン多摩への交通案内 第7回日本クラリネットコンクールのご案内
出演者・曲目などは変更になる可能性があります。 あらかじめご了承ください。

公開レッスン、ステージ演奏、ステージ外での演奏など、各会場で行われるプログラム。
8月28日(木) 小ホールmore  大ホールmore  その他more
8月29日(金) 小ホールmore  大ホールmore  その他more
8月30日(土) 小ホールmore  大ホールmore  その他more
8月31日(日) 小ホールmore  大ホールmore  その他more

時間 イベントの名称 備考
11時〜  第7回クラリネットコンクール本選  入場無料 
出演者 内容 イメージ
1次・2次予選通過者 1次・2次予選通過者によるコンクール本選   
時間 イベントの名称 備考
未定 第7回クラリネットコンクール結果発表 公開
出演者 内容 イメージ
本選の結果の受賞者 コンクール結果発表  


時間 イベントの名称 備考
11時〜 クワイヤー・アンサンブルの饗宴
海外クラリネット奏者リサイタル
古楽器のレクチャー・リサイタル
10時30分開場
出演者 内容 イメージ
クラリモニア (ドイツ)

J.セゲルケ
B.ケスリング
E.ザウアー


賛助出演
伝田高広
横田揺子
J.マテソン/3本のクラリネットのためのソナタ
W.A.モーツアルト/アダージォとフーガ KV404a No.1
R.フックス/第一楽章 アレグロモデラート(op.94より)(2Cla,1Bassethr)
A.ウール/四重奏曲より第3楽章(3cla,1Basscla)
V.エヴァルト/四重奏曲 第一番 モデラート アダージォ アレグロモデラート(2Cla,3Bassethr)
W.A.モーツアルト/歌劇「ドン・ジョヴァンニ」より

クラリモニア写真
横田揺子写真 伝田高広写真
クラリモニアのコンサートでは、音楽と楽器が歩んできた道のりを過去からそして現在までたどり、自分の耳でしっかりと確認することができます。
このコンセプトは3人のクラリネット奏者の歴史的楽器(古楽器)から近代楽器までの何年にもわたる演奏経験と研究、そして演奏者であると同時にクラリネット製作者でもあるヨッヘン・セゲルケ氏による、18・19世紀当時の歴史的にも重要なクラリネットの正確なレプリカ楽器によって実現しています。
大作曲家による作品、またそれほど有名ではない作曲家による作品、どの作品も可能な限り、初版や自筆譜を検証した上で演奏されます。
クラリモニアで使用されている楽器はすべてシュヴェンク&セゲルケ社の製作によるものです。

【プログラム解説】
3本のクラリネットのためのソナタ  J.マテソン

1681年ハンブルクに生まれ1764年没1720年ごろから広まっていた、クラリネットが編成に含まれている「新しい」オーケストラを立ち上げ、指揮者として活躍したことは特筆に値する。彼の作曲した作品の多くは公表されておらず、この3 本の管楽器のためのソナタは1708年の作曲で、作品第1番とされている。

アダージォとフーガKV404a No.1 W.A.モーツァルト
6 つの前奏曲(序奏)とフーガという作品集の第1曲目。 ヴァイオリン・ヴィオラ・バス楽器のために作曲された が、偽作説も強く作品リストから外される場合もある。 この第1曲目は序奏とバッハによるフーガで構成され ている。
第一楽章 アレグロ モデラート(op.94より) (2Cla,1Bassethr)  R.フックス
1847年オーストリアに生まれ1927年没。1912年にウィーンで作曲され、オリジナルの編成はヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ。 2本のクラリネットとバセットホルンの編成はクラリモニアによるもので、当時の後期ロマン派の色合い、和声感を忠実に再現できるようにした。

四重奏曲より第3楽章(3cla,1Basscla.)  A.ウール
ウールといえば多くのクラリネット奏者にとって、有名なエチュードで苦労したことに思い当たる方々も多いのではないか。その辛い(?)思い出と反して、この4重奏曲は大変にすばらしい作品。
今回はセゲルケ氏が長年にわたる研 究・開発の末、昨年ようやく完成しドイツでも注目を集めている新作バスクラリネットで披露。

四重奏曲 第一番 モデラート アダージォ アレグロモデラート(2Cla,3Bassethr)  V.エヴァルト

1860年サンクト・ペテルスブルク生まれ、1935年没。ロシアの伝統を色濃く引き継いでいる後期ロマン派の作曲家です。チャイコフスキーに師事したのち、ボロディン、ムソルグスキー、クラズノフ等の新しいロシアの作曲家たちに指導を受ける。 2本のコルネット、アルトホルン、ユーフォニアム、テューバのための五重奏曲は、この編成のための重要な作品となっている。しかし残念なことにこの作品は非常に難易度が高く、今日あまり演奏会で聴くことがない。
2本のクラリネットと3本のバセットホルンによる編成にしたことで、この問題点をクリアし、音色の統一感もよりよくなっている。
歌劇「ドン・ジョヴァン ニ」より   W.A.モーツァルト
女たらしで有名なスペイン貴族ドン・ジョヴァ ンニが主人公のこの歌劇は「フィガロの結婚」が大成 功を収めた後に書かれた。馴染みのあるメロディーを クラリネット2本とバセットホルン3本で演奏する。
時間 イベントの名称 備考
12時〜 クワイヤー・アンサンブルの饗宴  
出演者 内容 イメージ
ホルツの会 (日本) リュートのための古風な舞曲とアリア第三組曲より /O.レスピーギ(編曲:坂本和彦) 
クラリネット全体としては世界的に見ても少数派だが、全員がドイツ・オースリトリア系の楽器で統一されている。
音色的な特徴でくくられるユニークな活動は国内にとどまらず、アマチュアながら昨今クラリネット界の注目を集めている。
時間 イベントの名称 備考
12時20分〜 クワイヤー・アンサンブルの饗宴  
出演者 内容 イメージ
オブロークラリネットアンサンブル
(日本)
ブエノスアイレスの春/A .ピアソラ(編曲:加藤雅之)
ドゥ・ダンス(二つの舞曲)/天野正道
エスクアロA .ピアソラ(編曲:加藤雅之)
 
時間 イベントの名称 備考
出演者の事情により来日取りやめになり、公演中止となりました。
主催者より謹んでお詫び申し上げます。
スーパーアンサンブル  
出演者 内容 イメージ
テレマ・トリオ (ベルギー・ペルー)

M.マッチーニ
P . ヴェルドンク
W.デヴレーシュハウアー
「3つのエピスケニックダンス」/R.ユンチャヤ
「シャドウイング」/H.K.リー
「ネク ローゴ」/I.チテラ
「クラルマゲドン」/P`.ヴェルドンク
 
時間 イベントの名称 備考
13時10分〜 公募アマチュアプレイヤー・アンサンブル アマチュアの公募者でこのフェスティバルのために編成したアンサンブル。
フェスティバルで初顔合わせで、当日アンサンブルのレッスンを受けての出演です。
出演者 内容 イメージ
A 田島佳則(1st)/岸本梨沙(2nd)/宮野砂緒里(Bass)
B 横山雄二郎(1st)/木戸雅枝(2nd)/香取明子(Bass)
C 嶋田博志(1st)/宮崎麻耶(2nd)/新井ひまわり(3rd)/稲葉真司(Bass)
D 浪崎裕代(1st)/太田寿香(2nd)/松原康典(Basset)/池田匡史(Bass)
A 大和田智彦指導
ディヴェルティメント3番/W.A. モーツァルト
B 海鋒正毅指導
ディヴェルティメント4番/W.A. モーツァルト
C 関口 仁指導
4重奏曲ヘ調/C. ベーム
D 武田忠善指導
スケルツェットパヴァーヌとゴパック/G.ジェイコブ
 
時間 イベントの名称 備考
13時40分〜 エントリーアンサンブル  
出演者 内容 イメージ
東海市吹奏楽団
上海Square 「シャンハイ・スクエア」/新井千悦子
秋風〜非難〜旋風/L.C.M. ペギュリ(編曲:加藤雅之)
M. ウィルシュ:オー・シャンゼリゼ/M. ディーガン

Ensemble「K301」
キラキラ星変奏曲/森田一浩
酋長の行列/M. イッポリトフ=イワノフ(編曲:磯崎敦博)
時間 イベントの名称 備考
14時〜 2007年アンサンブルコンクール受賞団体 全席自由
出演者 内容 イメージ
ソノール・クラリネット・アンサンブル
(2007部門1位)


船橋市立習志野第一小学校吹奏楽部
(2008グランプリ)
ソノール・クラリネット・アンサンブル
「バードウォッチング」よリ/M. ヘンリー

ソナチネ/E. ボザ
愛の挨拶/E. エルガー(編曲:吉田達哉)
クラリネットこわしちゃった/フランス童謡(編曲:啼鵬)

船橋市立習志野第一小学校吹奏楽部
ルーマニア民族舞曲/B. バルトーク(編曲:小林聡)
熊蜂の飛行/N.A.リムスキー=コルサコフ(編曲:森田一浩)
カプリス/C. グランドマン
クラリネットラプソディ/D. ベネット
悪魔の踊り/J. ヘルメスベルガーU世(編曲:高橋徹)

船橋市立習志野第一小学校吹奏楽部のプログラム解説】
ルーマニア民族舞曲 B. バルトーク(編曲:小林聡)
ハンガリーの作曲家バルトー クの1915年の作品。7つの舞曲の旋律を6つの部 分で構成した6曲からなるピアノの小品の組曲。
熊蜂の飛行/N.A.リムスキー=コルサコフ(編曲:森田一浩)
ロシアの作曲家、リムスキー=コルサコフ が作曲。1889 〜 1890年にかけて作曲された歌 劇『サルタン皇帝の物語」(プーシキン原作に基づく) の第3幕で主人公の王子様が魔法で蜂になり、悪役2 人の姉妹を襲う場面で使われる曲。ピアノ曲やヴァイ オリン曲などにも編曲され、多くの人に親しまれてい る。
カプリス C. グランドマン
オハイオ州出身の作曲家、クレア・グ ランドマンの作品。彼はキャンディード序曲やスラヴァ! の編曲者として著名である。
クラリネットラプソディ D. ベネット
アメリカの作曲でスクールバンド用の曲を多く手がけて いるベネットの作品。
悪魔の踊り J. ヘルメスベルガーU世(編曲:高橋徹)
J.ヘルメスベルガーII世作曲。音楽家の家系に育ち、作曲家、ヴァイオリニスト、指揮者としてウィーン宮廷歌劇場を拠点に マルチに活躍。
この《悪魔の踊り》は、まるで「悪魔 たちが幸福の絶頂であるか」のように思わせる曲で、 2002年小澤征爾指揮ウィーン・フィルハーモニー管 弦楽団のニューイヤー・コンサートで演奏され、世界中から注目された1曲でもある。演奏される機会は原 曲でも少ないが、初めて聴く人にも楽しんでもらえる 音楽である。
曲はフリギア旋法が用いられている。ほとんどの旋法はその終止音を「主音」とするが、フリ ギア旋法は例外であり、和声学上の解析が難しく「天と地の間に浮かびながら停止する旋法」だとも言われている。「ファ--ミ」という下降の終止はバロック以降 も「フリギア終止」として残っている。
今回は超アク ロバティックにクラリネット8重奏で演奏する。
時間 イベントの名称 備考
15時30分〜 海外アーティスト特別リサイタル
12歳の天才少年ハン・キムの演奏
 
出演者 内容 イメージ
ハン・キム (韓国)
ウー・リ・コ (ピアノ)

「ソロ ドゥ コンクール」/A.Messager
「協奏的二重奏曲」/C.M.von.ウエーバー
 
【プログラム解説】
ソロ・ドゥ・コンクール A.メサージェ

A.メサージェ/Andre Messager (1853-1929) はパリのフォリーベルジェール、ブリュッセルのエデン・テアトル ロンドンのリチャード・ドイリー・カート・オペラカンパニーで指揮者を務めました。 メサージェはフォーレと親交があり、パリ音楽院の試験曲としてこの曲を書くように勧められ、1899年に作曲されました。曲の前半は楽しい雰囲気を醸し出し、中間部では表情豊かな旋律を低音で奏でます。
グランド・ドゥオ・コンチェルタント C.M.vonウエーバー
この明るくて高度なテクニックが要求される曲は1815年にAndante and Rondoが作曲され、第一楽章は翌年作曲されました。
この曲はWeberにとって最後のクラリネットのための曲となりました。クラリネットとピアノが対等に会話を楽しむ曲で、最初のAllegroでは明るく生き生きとしたテーマが時に切なく演奏されます。
Andanteはクラリネットに合わせたピアノのもの悲しげな和音が進行し、徐々に感情がこもり劇的とも言える盛り上がりをみせ、クラリネットの哀愁を帯びた旋律をより劇的に効果的に聞かせます。
最終楽章のRondoでは技法を凝らし、曲を通して陰影を与える演奏となります。
時間 イベントの名称 備考
16時15分〜 (16時開場) TCCP(東京コミカルクラリネットフィルハーモニー)
番組コンサート「ヤバイぜ!クラアン」
全席自由
出演者 内容 イメージ
TCCP(東京コミカルクラリネットフィルハーモニー) 新曲、ウェーバー「コンチェルティーノNo.2」ほか
仮想FMパルテノンの公開生放送風コミカルコンサート。 2005フェストで結成された“あのTCCP”が更にパワーアップ!
いったい何が飛び出すやら!?
時間 イベントの名称 備考
18時〜 (17時45分開場) セルマー・ガラコンサート 17時45分開場
出演者 内容 イメージ


シルヴィー・ユー (フランス)
高橋知己 (日本)
原田綾子 (日本)
万行千秋 (日本)
ヤン・ヤクブ・ボクン (ポーランド)

石橋尚子 (ピアノ)
J.J.ボクン
「影から光へ」/G.ヴァヤダ
「オブリヴィオン」/A.ピアソラ

高橋知巳
「三つのロマンス」/R.シューマン

原田綾子
「ソナタ」/ E.デニゾフ


万行千秋
「クラリネットソナタ」 / F.プーランク


S. ユー

「ソナチナ・リリカ」/N.バクリ
1.ソナチナ風
2.子供のためのカンツォネッタ
3.気まぐれなロンド
「エロージュ・ドゥ・ラ・フォリ」/A.ジラール
「ソナチナ・イン・アレグリア」(2008) /R.ブートリー

Macintosh HD:Users:nozakitakeshi:Desktop:原田綾子010s.jpg
Macintosh HD:Users:nozakitakeshi:Desktop:mangyou.[1].jpg
【プログラム解説】
三つのロマンス / R. シューマン: ドイツ・ロマン主義の化身ともいうべき作曲家、ロベルト・ シューマン(1810 〜 1846)が、クラリネット(または オーボエかヴァイオリン)とピアノのために、1849年に書 いた抒情的かつ幻想的な小品集で、いずれも3部分から成 り、主題とトリオ旋律にはそれぞれ対比的性格を与えられ ている。第1曲(速くなく、イ短調)は、心の平安を偲ば せる瞑想的な旋律を中心に、なおかつ憧れを求める心のゆ れ動きがクラリネットで歌われる。第2曲(素朴に、心をこ めてイ短調)は歌謡風のロマンスで、優しい慰めに満ちて いる。中間部はわずかに情感が高まる。第3曲(速くなく、 イ短調)は、森との別れを思わせる。メルヒュン風の快活 な主題と明るい抒情を湛えたトリオが対比される。
「クラリネットのためのソナタ」/ E.デニゾフ
エディソン・デニゾフは近現代ロシアを代表する現代音楽作曲家の一人である。最初数学を専攻していたが、モスクワ音楽院でショスタコーヴィチに師事し頭角を現す。カンタータ「インカの太陽」で国際的に広く知られるようになり、その後モスクワ電子音楽スタジオなどで 自由な作風で活動を続けた。このクラリネットのためのソナタは、微分音を駆使し、深い情感を感じさせる旋律的な性格の第1楽章と、対照的にセンプレ・ピアニシモ・スタッカートで反復される変イ音とそれを中心に動きのあるモチーフが浮かび上がってくる第2楽章から成り立ってる。
「クラリネットソナタ」 / F.プーランク
F.プーランク(1899〜」1963/パリ)の音楽はフランスのエスプリに富んだ、楽しく軽快で、また辛辣で諧謔的でありながら、その中にも哀愁を帯びた美しい作品をたくさん書いている。特に管楽器のための独奏曲や室内楽の名曲が親しまれている。
このクラリネットソナタもその中の一つであり、曲は1.Allegro Tristamente 2. Romanza 3.Allegro con Fuocoの3楽章からなっている。

ソナティナ・リリカ / N.バクリ
N.バクリはたくさんの協奏的な作品や室内楽を書いているが、その中でもクラリネットの曲は特に高い評価を受けている。この曲は2008年にランス(フランス)のフラヌリ音楽祭の時に、R.スパンドンクのために作曲された。
この喚起力のあるタイトルの作品はA管の固有の音色を引き出している。レガートではメロディックな曲線の柔らかさを際だたせ、とりわけ楽器の表現力に富んだ性格を浮き彫りにしている。
エロージュ・ドゥ・ラ・フォリ / A.ジラール
作曲者は、スーフィ教徒(8世紀頃のイスラム教)の恋の詩の中で、恋の神秘的な情熱を讃えながら、インスピレーションを得た。
最初の小節に提示された5つの音の短いテーマの要素は、ピアノとA管のクラリネットの間に交わされた対話の中で強迫的な方法で展開していく。
ソナティナ・インアレグリア / R.ブートリー
世界初演 クラリネットの単独の声(音)は、喜びの感情を伝えて聴く人たちを魅了する。ダイナミックスとコントラストのある"イントラーダ"は演奏のモードとテシトゥーラ(可能な音域)の対比を自発的に演奏する。
2曲目の"カデンツァは短いゼクエンスを交互に行う。ある時は演奏のためにはとても自由に、ある時は衝撃的なスラップを厳格に使用してリズムを正確に演奏する。
最後の"ヴィヴァーチェ"はジャズの追想を表し、歓喜に満ちた走句のトリプティックで曲を締めくくる。
クラリモニアと賛助出演の伝田高広 横田揺子 オブロークラリネットアンサンブル
アマチュアの公募者でこのフェスティバルのために編成したアンサンブル
Cグループ
とDグループ
12歳の天才少年ハン・キムの演奏
東海市吹奏楽団 Ensemble「K301」 TCCP(東京コミカルクラリネットフィルハーモニー)の強力スラップバスクラ勢
TCCP(東京コミカルクラリネットフィルハーモニー) TCCP(東京コミカルクラリネットフィルハーモニー) TCCP(東京コミカルクラリネットフィルハーモニー)での新曲を演奏する板倉康明
セルマー・ガラコンサートで演奏するヤン・ヤクブ・ボクン セルマー・ガラコンサートで演奏する高橋知己 セルマー・ガラコンサートで演奏する原田綾子
セルマー・ガラコンサートで演奏する万行千秋 セルマー・ガラコンサートで演奏するシルヴィー・ユー ピアニストtの石橋尚子とシルヴィー・ユー

時間 イベントの名称 備考
11時開場〜18時まで 展示ブース 特別展示室
内容 出展者 イメージ
楽器・パーツ・楽譜・CDなどの特別展示・販売 (有)アルブル  (株)石森管楽器  (株)ドルチェ楽器  野中貿易株式会社  (株)ハロー・クリエイティブ
フォレストーン・ジャパン  ナイス・インターナショナル
ヤマハ(株)アトリエ東京  株式会社インターヴォイス
ビュッフェ・クランポン株式会社  十亀商事
株)ABC(アーベーツェー)

ヤマハ ミュージックトレーディング株式会社
時間 イベントの名称 備考
20時開宴 第7回クラリネットコンクール表彰式&レセプションパーティー 市民ギャラリーにて、パーティー費別途
一般 3000円
学生・コンクール参加者 1000円
内容 出演者 イメージ
第7回クラリネットコンクール優秀者の発表と表彰
フェスティバル参加者の懇親パーティー
第7回クラリネットコンクール優秀者。
また、パーティーはどなたでもご参加頂けます。

第7回クラリネットコンクール表彰式&レセプションパーティーの様子
講評を述べる鈴木良明審査委員長


第1位・パルテノン多摩賞を受賞し、表彰されるTIEN YUNG-NYEN (田 永年) 第2位 川上一道 第3位 浅井崇子



講評を述べるシルヴィー・ユー 講評を述べるビル・ジャクソン 講評を述べるジョン・マナシー
予選より長時間審査下さった審査員方 レセプションパーティーの様子 レセプションパーティーの様子

上へ
8月28日(木) 小ホールmore  大ホールmore  その他more
8月29日(金) 小ホールmore  大ホールmore  その他more
8月30日(土) 小ホールmore  大ホールmore  その他more
8月31日(日) 小ホールmore  大ホールmore  その他more
 


お問い合わせ:〒107-0052 東京都港区9丁目1-7-575
Tel:03-3475-2844  Fax:03-3475-6417
email:info@2008.jp-clarinet.org   http://www.jp-clarinet.org/


Copyright(c)2008  Japan Clarinet Society Festival 2008 in Tokyo:Tama. All Rights Reserved.