トップページへ 出演者・出演団体のご案内 タイムテーブル(公開レッスン、ステー ジ演奏、ステージ外演奏など)のご案内 協賛企業・ブース案内、グッズ販売紹介ページ 募集ページ チケット販売案内 パルテノン多摩への交通案内 第7回日本クラリネットコンクールのご案内
出演者・団体は予告無く変更になる場合があります。 あらかじめご了承ください。
フェスティバルを彩る演奏者・演奏団体のご紹介をします。
ソリスト紹介more アンサンブル紹介more クワィアー紹介more
名称 プロフィール
センゾク・ゲット・ジャズ・オーケストラ  洗足学園音楽大学ジャズコースの選抜学生によるジャズビッグバンド。
同学のジャズコンサート「DOJAZZ! SENZOKU 2004」を皮切りに活動を開始。
ニコラス・ペイトン(TP)、和太鼓奏者・林英哲など様々な演奏者と共演。2005年4月「川崎市・ウーロンゴン市交流ジャズフェスティバル」に参加。
8月「学びの森音楽祭(富山県魚津市)」で本学教授・中村誠一(Sax)と共演。高い評価を得ている。

サックス/小西遼・梅原由佳・吉村まどか・浅岡悠・荒尾匠・藤原瑞恵
トランペット/村上基・塩野谷宏子・吉田寛望・河上祐也・山田翔
トロンボーン/相内昭徳・山田翔一・張替啓太・菅原薫
ギター/赤須翔
ピアノ/星井哲郎
ベース/齋藤潤
ドラムス/木村紘


8月28日19時30分〜前夜祭に出演
名称 プロフィール
音楽大学プロデュースコンサート
ウェブサイト上で企画を公募。クラシックのコンチェルトからポピュラー、民族音楽など各大学の個性あふれるステージが次から次へとくり広げられます。
ストレス☆フリー
(桐朋学園大学)
澤本璃菜/徳嵩由恵/岩村麻里子/和田典子/生田春菜

田代智一(編曲:内門卓也):ハレ晴レユカイ
Les Freres (arr: T. Uchikado): Piano Breaker Boogie
そのほか劇中に効果音

はじめまして! 私達、いつもは普通の大学2年生。
でも実は…現代社会のいろいろなストレスと闘う『ストレスレンジャー』なのです!!! 今日はストレスレンジャーと一緒に盛り上がって日々のストレスを解消しましょう!!(※手拍子ナドどんどんお願いします)
ストレスレッド(澤本璃菜)家庭のストレスと闘う。
ママキャラ。ストレスブルー(徳嵩由恵)人間関係のストレスと闘う。
ヲタキャラ。ストレスイエロー(岩村麻里子)偏食によるストレスと闘う。
チャイナキャラ。ストレスピンク(和田典子)恋愛のストレスと闘う。
オネエキャラ。ストレスグリーン(生田春菜)環境によるストレスと闘う。新人ギャル。
ザ・シャムロックス
The Shamrocks
(昭和音楽大学)
池谷歩/上新哲史/上野千咲/内田りか/岡本彩也佳/葛西紅音/川合大地/小林早代子/小林奈津子/渋谷圭祐/坪根悠太/豊川和久/原浩介/藤村美樹/増田恵/宮尾寛子

S.ライヒ:ニューヨーク・カウンターポイント
トラディショナル(編曲:昭和音楽大学クラリネット科学生有志):アイリッシュ・カントリー・チューンズ

この日のために昭和音楽大学クラリネット科の学生の有志で結成されたアンサンブル。
《ニューヨーク・カウンター・ポイント》1985年R.ストルツマンの委嘱により作曲された。
本来10パートの多重録音の上で演奏されるが、アンサンブルでも許されている。急-緩-急の3楽章からなる。冒頭、パルスがフェード・イン-アウトを繰り返した後、主題が補完、模倣され積み重ねられる。
第2楽章は主題が一拍、半拍シフトされる。
第3楽章はシンコペーションのリズムが特徴的である。
《アイリッシュ・カントリー・チューンズ》「クラリネットでアイルランドの民俗音楽がやりたい」というケルト音楽かぶれのメンバーの発案による実験企画である。
古来から伝わる旋律を多数選出し、特徴的な装飾音符、形式と共にアイルランド独特の音楽を模倣した。
東京芸術大学
クラリネット科
西崎智子/山口真由/吉岡奏絵/相良麻衣子/島田幸輝/塚本啓理/中島みどり/笹岡航太/島田優香/田中まな美/原陽子/古川秀則/武田侑子/鶴山まどか/堀菜々子/武田匡広/安藤綾花/伊沼綾乃/前田優紀/西川智也/宮後かおり

クラリネット合奏の為の新曲
コンクールの為の練習曲“ めざせ日本クラリネットコンクールグランプリ”
酒井麻由佳:Happy Clarinets!
東京音楽大学
クラリネット科
小野寺緑/松川徹哉/羽鳥令菜/渡邊樹菜/藤巻安利亜/加藤沙織/三上奈々子/緒形真依子/渡邉希/狩原枝里子/秋山菜穂子/倉愛花理/新田純子/篠塚恵子/村上由季/林蘭/中村由宇/矢口愛珠

B. スターク:タクミズ・ブギ
磯崎敦博:クラリネット・ヴィヴァーチェ 他

こんにちは! 私たちの通っている東京音楽大学は、池袋と目白のちょうど真ん中に位置し最近開通した副
都心線の雑司が谷駅近くでもあります。
昨年、創立100周年を迎え新しい校舎もでき、更なる発展を目指して日々精進しております。
そして、私たちクラリネット科は総勢31名在籍しており切磋琢磨しつつ和気あいあいと毎日を送っています。
本日はその中から有志メンバーでお送り致します。まだまだ未熟ではございますが、今の私たちの精一杯をお届けしたいと思います。
「タクミズ・ブギ」、「クラリネット・ヴィヴァーチェ」他、小編成から大編成をお届けします。お楽しみに!
武蔵野音楽大学
クラリネットクワイヤー
大串友美/岩渕仁美/勝山結美/金子恵美/佐々木純子/村越美穂/山西彩子/山本可奈/山下玲奈/寺田香織/前島彩香/大沢綾乃/南雲麻美/大橋奈那実/海老澤綾乃/清水麻衣/米倉森/島田舞/藪内友美/角田彩歌/小林彩那/松本美沙/及川恵理佳/浦島千尋/木村麻樹/高岡真貴/荒井美里/石川成美/三井崇裕/吉澤正一郎/松永唯/長谷部玲奈/西山杏里/萩原由香/小山夕佳

音大生の一日(絵のない絵本、クラリネット吹きが壊れちゃった…他)
武蔵野音楽大学クラリネット専攻学生1 〜 4年有志でクラリネットフェスティバル2008 in東京・多摩のために結成されたクラリネットクワイヤーである。
音楽大学のあるクラリネット奏者の一日。朝、電車に乗って登校し、クラリネット部屋での友達との会話…。音大生の平凡な一日見せちゃいます!
くにたち
クラリネットクワイヤー
武田忠善(指揮・クラリネット独奏)
佐古尚子(コンサートミストレス)/大城美香/小竹一成/渋澤由美/鈴木綾一/福田美希/本田智代/大場美智子/大石あや/加藤和宏/佐古田富美子/鈴木由美子/徳永愛/豊田望/平田佳織/平野桃代/村瀬和也/安立芽衣/飯土井麻佳/岡田沙友里/小飼友規子/小林めぐみ/誉田未季/榊原花梨/瀬戸口友麻/並木夕紀/赤羽紀洋/飯塚祐衣/池谷菜穂/磯部礼奈/草野裕輝/國本奈緒美/熊沢茶絵実/小山朋美/今藤みゆき/鈴木麻子/嶽下孝平/多田野菜摘/松田萌

G.ジェイコブ:序奏とロンド
F. ショパン(編曲:淀彰):エチュード作品10-4
G. ウールフェンデン:スリーダンス
C.M. von ウェーバー(編曲:淀彰):クラリネットと管弦楽のための小協奏曲変ホ長調作品26

こんにちは。くにたちクラリネットクワイヤーです。
私たちは、国立音楽大学でクラリネットを専攻する学生です。夏休み合宿での演奏会と、冬に行う定期演奏
会を主な活動とし、本校教授武田忠善先生の熱いご指導のもと、練習に励んでいます。
本日は、1年生アンサンブル「G.ジェイコブ/序奏とロンド」、2年生「F.ショパン/エチュード作品10-4」、3年生「G.ウールフェンデン/スリーダンス」、それから最後に1 〜 4年生で「C.M. von ウェーバー/クラリネットと管弦楽のための小協奏曲変ホ長調作品26」をソリスト武田忠善先生でお送りいたします。
この曲は、ウェーバーが当時クラリネットの名演奏家と言われたハインリヒ・ヨゼフ・ベールマンのために作曲しました。この他にもう2曲ベールマンに曲を書いています。
曲は、導入的な短い第一楽章から始まり、主題と4つの変奏からなる第二楽章。ロンドに近い自由な形で書かれた第三楽章からなります。
スラーのついた大きな音程の跳躍など、とても大胆で魅力的にクラリネットを用いた作品であると言えます。
くにたちクラリネットクワイヤーの音楽をお楽しみください。
名称 プロフィール
TCCP
(東京コミカルクラリネットフィルハーモニー)
 
良く質問されるのですがTCCPとは何の頭文字なのですか? 特に最初のTはと、、、最初のTはと申し ますと、東京であったり多摩であったり橘であったり十亀であったりと実は時と場所によって変わっているので す、ややこしくてすみません。
今回は協会の演奏会なので東京コミカルクラリネッ トフィルハーモニーとして出演いたします。
今回の内 容は大ホールをFMパルテノンのスタジオに見立てての番組放送風コンサートです。
パーソナリティーはお なじみ橘とおる、そしてゲストは「ザ・パイプ・ジャーナル」の辛口評論家春山隆氏を迎えいつものとおりばかばかしいお話を交えながら、オール電リクで進めて いきます。
今までのレパートリー(14曲くらいありますが)の なかから特に人気があった5曲くらいを考えていますのでお楽しみください。
今週の新譜コーナーではウェーバー「コンチェルティーノNo.2」も演奏いたします。
出演予定者は、
コンサートマスター遠藤文江/粟生田直樹/飯田真弓/石井智子/糸井裕美子/井上弦/井上梨江/大友幸太郎/大和田智彦/岡田渉/尾崎めぐみ/重松希巳江/木村健雄/木村記子/佐藤友香/左藤博之/式部由姫 /白川毅夫/高見未央/田中美佳子/谷口玄徳/十亀正司/中里真也/中村克己/中村めぐみ/畑中真理/原 田綾子/松本賢/松本健司/万行千秋/三界秀実/三木薫/三倉麻実/山本正治/横田瑶子/荒木こずえ/ 船木喜行/新曲のソリストは板倉康明


8月30日(土)16時15分 〜TCCP番組コンサート「ヤバイぜ!クラアン」


名称 プロフィール
ファミリーコンサート  福井貴子
オーボエ奏者。武蔵野音大器楽学科卒業、ハンブルグ芸術大学卒業。第19回日本管打楽器コンクール第2位。
1998 〜 2000年デュイスブルグ歌劇場管弦楽団、2000 〜 2001年ブレーメン州立歌劇場管弦楽団契約団員、現在東京交響楽団団員。
多摩市民ブラスバンド
多摩市内の青少年バンドを核に、新たにメンバーをつのって2008年に結成されたブラスバンド。
小学生 から大学生まで、わいわいしながらも本気で練習中です。演奏と同じくらいパフォーマンスにも力を入れてお り、地域のお祭りでは演奏やダンスなどで会場を盛り上げています。
谷川賢作
1960年東京生まれ。ジャズピアノを佐藤允彦に師事。
演奏家として、現代詩をうたうバンド「DiVa」や ハーモニカ奏者続木力とのユニット「パリャーソ」、また父である詩人谷川俊太郎とともに朗読と音楽のコン サートを全国各地で開催。
80年代半ばより作・編曲の仕事をはじめ、映画「四十七人の刺客」や「竜馬 の妻とその夫と愛人」、NHK「その時歴史が動いた」 等のテーマ曲を手がける。88、95、97年に日本ア カデミー賞優秀音楽賞受賞。近年では、06年びわ湖 ホール制作「雷の落ちない村」の音楽監督。
ピアニスト舘野泉に組曲「スケッチ・オブ・ジャズ」を献呈。 画家山本容子の絵とエッセイで綴る「Jazzing」の音楽プロデュースを行う。
今夏は、映画音楽担当の最新作「那須少年記」の公開と兵庫県立芸術文化センター制作の音楽劇「赤毛のアン」の作曲と音楽監督をつと める。
宇井孝司
アニメーション監督脚本家。「ななみちゃん」(2004) 〈TV〉音響監督、「冬の日」(03)音響監督、「たれぱんだ」(2000)〈OV〉演出、「スペーストラベラーズThe Animation」(00)〈OV〉監督/録音演出、「ゼノ/かぎりなき愛に」(99)監督/脚本、「ウルトラニャン2 ハッピー大作戦」(98)音響監督、「グスコーブドリの伝記」(98)〈OV〉監督、「ウルトラニャン星 空から舞い降りたふしぎネコ」(97)音響監督「The Adventure of STRAY SHEEP ストレイシープの大冒険」(96 〜 99)〈TV〉音楽「アニメ交響詩ジャン グル大帝」(91)〈OV〉監修「ジャングル大帝」(89) 〈TV〉監督/絵コンテ、「森の伝説PART-1」(87) 監督/音響監督、「タッチ背番号のないエース」(86) 助監督、「タッチ2 さよならの贈り物」(86)など多 数の作品がある。

8月31日13時〜ファミリー・コンサート
脚本・演出:宇井孝司
音楽・ピアノ:谷川賢作
TCCP:粟生田直樹/荒木こずえ/飯田真弓/伊藤圭/井上弦/大友幸太郎/尾崎めぐみ/木内倫子/木村健雄/木村記子/式部由姫/西崎智子/原田綾子/松本賢/万行千秋 /三木薫(たまの相棒「魚をくわえたドラ」)/柳瀬なつみ/横田瑶子/渡邊一毅/船木喜行/左藤博之/三界秀実/芹澤美帆/八段悠子/福井貴子(オーボエ奏者)/十亀正司(バグパイプを吹くライオン)/中秀仁(主役のジャジーな「たま」)/中村克己(ネコ会議の親分)
クラリキャット
サキソフォックス
多摩市民ブラス
西山琴恵(歌とナレーション)
十亀正司
東京芸術大学卒業、同大学大学院修了。
1978年 大学院在学中東京交響楽団に入団。同交響楽団首席 クラリネット奏者として現在に至る。
著書に“やさしい クラリネットの吹き方”(盛美堂出版)がある。武蔵野 音楽大学講師。東京芸術大学講師。


8月31日13時〜ファミリー・コンサート
クラリキャット
ズーラシアブラスの妹分クラリキャット。
「クラリキャッ ト」はメリッサ、ベルガモット、ローズマリー、ペパーミ ントという4人のネコによるクラリネット四重奏団です。


8月31日13時〜ファミリー・コンサート
サキソフォックス
ズーラシアブラスの弟分サキソフォックス。
「サキソ フォックス」は、ラトゥール、ラフィット、マルゴー、ムー トンという四つ子のきつねによるサックス四重奏団です。


8月31日13時〜ファミリー・コンサート
西山琴恵
東京都出身。立教大学文学部卒業。1991年日本童謡協会と公文教育研究会が提唱する「全国童謡歌唱コンクール」関東甲信越大会で最優秀賞受賞。 童謡・唱歌・新しいこどもの歌・抒情歌を中心に全国 各地のコンサート・テレビ・レコーディング等で活躍し ている。
ミュージックビデオ「こどもちゃれんじミュージック/ぷちしまじろうのファミリークリスマス」に歌のお姉さんとして出演。
その他にも、日生劇場国際サマーフェスティバル新作オペレッタ「羽衣」「くさび ら」や、朗読と歌で綴るコンサート「テレジンもう蝶々はいない」に出演。
2002年9月にはチェコテレジ市からの誘いを受け現地でのコンサートに出演するなど活躍の場を広げている。
また、テレビ朝日「サイトウ・ キネン・オーケストラ」の番組のナレーションや朗読の分野でも活躍している。


8月31日13時〜ファミリー・コンサート
名称 プロフィール
ホルツの会  「ホルツの会」はドイツ・オーストリア系の楽器とそ の音色を愛好するアマチュアクラリネット奏者同士が、 情報交換やアンサンブルを楽しむことを目的とし、名誉会長に故北爪利世先生を、会長にWienでPeter Schmidl 教授にクラリネットを学んで来られた小林 利彰氏(現在、東京交響楽団所属)をお迎えして 1996年11月に設立されました。
会の名称には「木」 を意味するHolz というドイツ語を採用して、「ドイツ語圏のクラリネット」と「木の温かみのような音色」と いうほどの意味合いを持たせました。
現代のクラリネッ トには、皆さんご存知のように、大きく分けて「フラ ンス系=ベーム式」と「ドイツ・オーストリア系=エー ラー式・ウィーンアカデミー式」とがあります。今日、 クラリネットの音色や奏法は、過去に較べ随分とインターナショナルになって来たと言われていますが、それでも楽器のシステム・音色の好みなどで、いまだに厳然とした違いが存在しているように感じられます。
フ ランス系の明るく華やかな音色に較べ、ドイツ・オー ストリア系は芯がありながらも穏やかで温かみのある 音色を身上としています。
会員諸氏の多くは、アンソ ニー・ベインズの名著「木管楽器とその歴史」の中の『最も優れたドイツ人奏者たちにこの楽器を持たせれば、すべての楽器から得られうるうちで最も幅広く、 クリームのようになめらかな音が得られる。』という一節に胸をときめかせた経験を持っています。世界的に 見ますと97%以上のクラリネット奏者がフランス系つ まりベーム式のクラリネットを吹いていると言われ、日本でもベーム式が主流を占めているのですが、その中でごくわずかながらドイツ・オーストリア流の音色に魅せられてしまったアマチュアのクラリネット吹きたちがひっそりと棲息し続けているのです。
この人々は少数派であるために、楽器やリードに関する情報も極めて少なく、また所属するオーケストラや吹奏楽団のク ラリネットパートの仲間ともなかなか話が合わず、孤独な毎日を送っていました。そんな鬱々とした状況に一条の光が差し込んだのが「ホルツの会」の設立でし た。
待望の会ということもあって、設立以来会員の数は順調に増加し、現在の会員数は、国内外のプロ・ア マチュアを含めて約90名に達しています。
本家のドイ ツでは「ドイツ・クラリネットの危機」が憂慮されているそうですが、極東の日本でこのような会が健闘して いるのは、なんとも不思議な気がします。


8月30日12時〜アンサンブル・クワイヤーの饗宴に出演
名称 プロフィール
三界秀実指揮
クラリネットフェスティバル管弦楽団
 
クラリネットフェスティバル管弦楽団
コンサートマスター:瀬崎明日香 1st Vn:荒井友美/茂木立真紀/依田真宜/辻本雲母
2st Vn:加藤えりな/野村良子/利光佳代/堀井希美
Va:安藤裕子/松本有理/早川敦史
Vc:窪田亮/石豊久/磯野正明
Cb:西山真二/倉持敦
Fl:高木綾子/曳地まり
Ob:福井貴子/椎野未花
Fg:前田信吉/浅見千春
Hr:猪俣和也/山添純

※ クラリネットフェスティバル管弦楽団は日本電信電話株式会社にご協賛をいただき、 JCSファイナルガラコンサートのために編成しています。


8月31日19時〜JCSファイナル・ガラコンサートに出演
三界秀実
東京芸術大学音楽学部講師(東京都交響楽団首席奏者)東京芸大音楽学部附属音楽高校を経て、’89 同大卒業。安宅賞受賞。
’91大学院修了と同時に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団しソリストとして 同交響楽団との共演も数回に及ぶ。
日本音楽コンクールの他、数々のクラリネット部門のコンクール審査員 も勤める。
またTCCPやメガトーンアンサンブルの指揮者としても活躍中。

8月30日(土)16時15分 〜TCCP番組コンサート「ヤバイぜ!クラアン」に出演

8月31日13時〜ファミリー・コンサートに出演

8月31日19時〜JCSファイナル・ガラコンサートを指揮
上へ
 

日本クラリネット協会ロゴお問い合わせ:〒107-0052 東京都港区9丁目1-7-575
Tel:03-3475-2844  Fax:03-3475-6417

email:info@2008.jp-clarinet.org   http://www.jp-clarinet.org/

Copyright(c)2008  Japan Clarinet Society Festival 2008 in Tokyo:Tama. All Rights Reserved.